御堂筋千日前通以南モデル区間における「可視化社会実験」を実施します

大阪市では、御堂筋が完成後80周年を迎える年を契機として、市民とともに御堂筋を築きあげてきた歴史的意義を再認識するとともに、御堂筋の将来を考え、記念の年を祝うために御堂筋完成80周年記念事業を実施しております。

この記念事業では、5月11日の春のシンポジウムを皮切りに、夏のシンポジウム、ワークショップ等を通じて、御堂筋の将来ビジョンに関する検討を進めてきましたが、今般、将来ビジョンの一部を現地で可視化し、歩行者・自転車通行の安全性や快適性、にぎわい形成等の検証につなげていくことを目的に、昨年度、側道閉鎖が行われたモデル区間(難波交差点~難波西口交差点間)(平成28年10月20日報道発表)において、可視化社会実験をします。

関係団体

主催
御堂筋完成80周年記念事業推進委員会

共催
御堂筋沿道・千日前通以南モデル区間整備協議会

企画運営
モデル区間社会実験企画・制作推進合同チーム
(ミナミまち育てネットワーク/ミナミ御堂筋の会/なんば安全安心にぎわいのまちづくり協議会)

協力
株式会社カクタス、三和実業株式会社(カフェ英國屋)、一般社団法人リイド、株式会社マッシュ、株式会社FM802、一般社団法人グランフロント大阪TMO、NPO法人なにわブルージー、NPO法人Homedoor、株式会社ケシオン、株式会社LEM空間工房、株式会社金沢電機、南海ビルサービス株式会社(10月16日時点)

開催日時
平成29年11月5日(日曜日)から11月20日(月曜日)11時30分から19時30分
(11月12日、17日、18日、19日は11時30分から21時)

場所
国道25号・御堂筋(難波交差点から難波西口交差点間)

社会実験の概要
大阪市では、昨年度、側道を活用し、喫緊の課題となっている歩行者と自転車が歩道内で混在している状況の解消を行うとともに、整備によって道路空間再編の将来イメージを現地で可視化し、歩行者・自転車通行の安全性や快適性、にぎわい形成等の検証につなげていくことを目的として、側道閉鎖による渋滞の影響が少ない千日前通以南(難波交差点から難波西口交差点)の約200メートルをモデル区間に設定し、モデル整備を実施しました。
本社会実験は、モデル整備により拡張された歩行者・自転車通行空間を活用し、さらに魅力ある空間としての活用の可能性について検証するために実施します。
※具体的な取り組みについてはチラシ参照

問合せ先
御堂筋沿道・千日前通以南モデル区間整備協議会
事務局(株式会社地域計画建築研究所(アルパック))
電話番号:06-6205-3600

〒559-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟6階
御堂筋完成80周年記念事業推進委員会事務局[大阪市建設局道路部道路課]
電話番号:06-6615-6786(月曜日から金曜日の9時から17時30分まで(祝日除く))

 

御堂筋千日前通以南モデル区間における「可視化社会実験」 チラシ

御堂筋千日前通以南モデル区間における「可視化社会実験」 チラシ(PDF形式,1.34MB)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC(クリエイティブコモンズ)ライセンスにおけるCC-BY4.0で提供いたします。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

「安全で楽しい自転車利用ワークショップ(第2回)」を開催します!

安全で楽しい自転車利用ワークショップ

御堂筋完成80周年記念事業推進委員会では、「安全で楽しい自転車利用ワークショップ(第2回)」を平成29年11月12日(日曜日)に開催します。
本ワークショップでは、「市民が望む自転車利用環境」をテーマに、観光・スポーツ・子育て・まちづくり等の観点から、有識者や市民・利用者の代表者らによるパネルディスカッションを行います。
なお、本ワークショップと同時開催を予定している、大阪市主催の自転車の安全啓発イベントについては、スマイルサイクルフェスタin大阪をご覧ください

・第1回ワークショップ(平成29年6月30日)の開催状況については、安全で楽しい自転車利用ワークショップを開催しました!をご覧ください。

1 日時

平成29年11月12日(日曜日)14時から16時頃(開場:13時30分)

2 場所

大阪市役所 1階正面玄関ホール(大阪市北区中之島1-3-20

3 パネルディスカッション参加者

<コーディネーター>
大阪市立大学 吉田 長裕 准教授

<パネリスト>※順不同
オランダ王国総領事館 ハイス・ヴァン・スカイク 副領事

NPO法人 Homedoor 川口 加奈 理事長

株式会社 ふたごじてんしゃ 中原 美智子 代表取締役

大阪府警広報啓発ユニット TEAM ちゃりん娘

季刊紙「cycle」 杉谷 紗香 編集長

4 定員等

定員:なし(座席は100席程度(自由席))
参加無料(事前申込み不要)

安全で楽しい自転車利用ワークショップ(第2回)の開催概要(チラシ)

第2回安全で楽しい自転車利用ワークショップ(PDF形式, 1.18MB)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC(クリエイティブコモンズ)ライセンスにおけるCC-BY4.0で提供いたします。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。
Microsoft社 PowerPoint Viewerのダウンロード(無償)
pptファイルを閲覧できない場合には、Microsoft社のサイトから PowerPoint Viewer をダウンロード(無償)してください。

御堂筋完成80周年記念事業共催イベント 「御堂筋の街並み写真展」を開催するにあたり作品を募集します

大阪市では、御堂筋完成80周年記念事業共催イベントとしまして、以下のとおり「御堂筋の街並み写真展」を開催するにあたり作品を募集します。
古き良き時代の面影を残しながらも、移り行く御堂筋の今を撮影することにより、現存する御堂筋の街並みの良さを紹介し、御堂筋の魅力を再発見していただく写真展です。

あなただけの御堂筋の思い出、写真とともにお聞かせください。

写真の公募について

テーマ

御堂筋で想い出をたどる

真公募期間

平成29年10月16日(月曜日)から11月12日(日曜日)まで

応募資格

どなたでもご応募できます。(プロ・アマチュア不問)

応募規定

  • 1人2点まで応募可
  • 応募者本人が撮影した未発表作品に限る。

本人のWebサイト・SNS・ブログ等で公開した作品は応募可。

  • 最優秀賞 1点
  • 優秀賞   3点
  • 特別賞   1点  計5点

審査委員

  • 写真家 織作峰子氏
  • 大阪府立大学大学院経済学研究科教授 橋爪紳也氏

実施内容

  • 御堂筋の街並み写真を公募し、その中で入選作品を選び展示します。
  • 応募作品には、必ず50字以上120字以内の写真に関する御堂筋へのメッセージを添えてください。入選作品はそのメッセージとともに写真と一緒に展示します。

※応募方法、応募にあたっての注意事項等はチラシをご覧ください。

写真展について

写真展示期間

平成29年12月1日(金曜日)から12月27日(水曜日)の22日間   日曜日・祝日休み
平日(月曜日から金曜日)9時から20時まで
土曜          9時から17時まで
12月1日  初日のみ開場時間を特別延長(9時から21時まで)
12月27日 最終日のみ(9時から16時30分まで)

開催場所

大阪府立中之島図書館 本館2階レンタルスペース1 (大阪市北区中之島1-2-10)

入場料

無料(ただし、参加にかかる交通費は、各自でご負担ください。)

展示内容

  • 公募作品の中から審査で選ばれた入選作品をメッセージとともに展示します。
  • 11月23日に開催される大阪あそ歩の御堂筋街歩きツアーに参加された方が街歩きの際に撮影された御堂筋の写真を展示します。

授賞式、トークショー

平成29年12月1日(金曜日)19時30分から20時15分(予定)
受賞者の授賞式と審査委員の織作峰子氏・橋爪紳也氏によるトークショーを開催(予定)

運営

  • 主催 大阪府立中之島図書館 指定管理者 株式会社アスウェル
  • 御堂筋完成80周年記念事業推進委員会
  • 一般社団法人大阪あそ歩委員会/生きた建築ミュージアム大阪実行委員会

お問合せ

中之島図書館管理事務所(中之島図書館 1階)
電話番号 06-6203-0474(図書館代表)
ファックス 06-7222-3894
メールアドレス:eventyoyaku@nakanoshima-library.jp
ホームページ:https://nakanoshima-library.jp/(図書館外部サイト)

御堂筋の街並み写真展 作品募集チラシ

御堂筋の街並み写真展 作品募集チラシ(PDF形式, 586.22KB)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC(クリエイティブコモンズ)ライセンスにおけるCC-BY4.0で提供いたします。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

「公共施設における新技術活用ワークショップ」を開催します!

御堂筋完成80周年記念事業推進委員会では、御堂筋完成80周年記念事業の一環として、「公共施設における新技術活用ワークショップ」を開催します。

本ワークショップでは、学識経験者や各種事業者により、道路をはじめとした公共施設の管理等への新技術活用について、話題提供や意見交換を行い、新技術活用に関する将来の可能性を議論します。

また、当日は会場にて「地下空間パネル展」も開催しています。

ワークショップ概要

開催日時

平成29年10月4日(水曜日)18時30分から20時頃(開場:18時)

開催場所

大阪市役所1階正面玄関ホール(大阪市北区中之島1丁目3番20号)

テーマ

・第1部 ドローン活用による施設管理の可能性

・第2部 ICT活用による施設調査の可能性

※新技術に関するアンケートへのご協力をお願いします。(開場に設置)

ワークショップの参加者

徳島大学大学院 社会産業理工学研究部 三輪 昌史 准教授

大阪市立大学大学院 工学研究科 吉田 長裕 准教授

大阪商工会議所

株式会社E・C・R

西日本電信電話株式会社

株式会社日建設計シビル

大阪ガス株式会社

関西電力株式会社

大阪市水道局

大阪市交通局

クリスタ長堀株式会社

聴講について

・ワークショップは一般の方も聴講していただけます。聴講の定員は50名です(無料)

・聴講希望者は、開催予定時刻の30分前から開催予定時刻までに、大阪市役所1階正面玄関ホール受付において職員の指示を受けて入場してください。

・なお、聴講の受付は先着順に行いますので、定員になり次第、受付を終了させていただきます。

主催

御堂筋完成80周年記念事業推進委員会

お問い合わせ

御堂筋完成80周年記念事業ワークショップ4担当

(大阪市建設局企画部工務課内)

電話番号 06-6615-6477(平日9時から17時30分まで)

取材について

・当日取材を希望される場合は、会場レイアウトの都合上、10月2日(月曜日)17時30分までに建設局企画部工務課(電話:06-6615-6477)あて必ず連絡をお願いします。

・報道受付は、会議開催予定時刻の30分前から大阪市役所1階正面玄関ホールにて行います。

・報道関係者の方は、受付にて名刺受け又は受付簿への記入をお願いします。受付順に会場にご入室いただきます。

・取材中は必ず自社腕章、社員証(記者証)、又は「市政記者カード」のいずれかを見やすいところに着用して下さい。腕章等を着用していない方の入室はお断りすることがありますのでご注意ください。

・カメラ取材は1社1カメラとし、所定の位置でお願いします。

・取材中は、会議の進行の妨げにならないよう、職員の指示、誘導に従っていただきますようお願いします。

「地下空間パネル展」を開催します!

御堂筋完成80周年記念事業推進委員会では、御堂筋完成80周年記念事業の一環として、「地下空間パネル展」を開催します。道路の地下空間は、地下鉄、地下街やライフラインなどの様々な公共施設を収容する空間として利用されています。それらの公共施設は、市民生活や社会経済活動を支える重要な役割を果たしているものの、普段は地上から見えないため、あまり意識されることはありません。「地下空間パネル展」は、御堂筋の地下にある様々な公共施設を紹介するパネルを展示することで、市民の皆様に道路の地下空間の利活用について理解を深めていただければと思い開催するものです。

パネル展概要

開催日時

平成29年10月2日(月)から10月4日(水)まで

2日(月曜日)10時から17時30分まで

3日(火曜日)9時から17時30分まで

4日(水曜日)9時から20時まで

開催場所

大阪市役所1階正面玄関ホール(大阪市北区中之島1丁目3番20番)

主な展示内容

・御堂筋の概要

・御堂筋における地下鉄、地下街の歴史

・各種施設の概要など

※地下空間に関するアンケートへのご協力をお願いします(会場に設置)

参加費

無料(ただし、交通費は各自でご負担ください)

主催

御堂筋完成80周年記念事業推進委員会

お問い合わせ

御堂筋完成80周年記念事業ワークショップ4担当

(大阪市建設局企画部工務課内)

電話番号 06-6615-6477(平日9時から17時30分まで)

地下空間パネル展の開催概要(チラシ)

地下空間パネル展(PDF形式,589.42㎅)

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。

「生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪(通称イケフェス大阪)」を開催します

概要
生きた建築ミュージアム フェスティバル大阪(通称:イケフェス大阪)は、毎年秋の週末に、大阪の魅力的な建築を一斉に無料公開する、日本最大級の建築イベントです。歴史的な近代建築から、21世紀の超高層ビルまで、有名な建築家の名作から、昭和の雰囲気を色濃く残す喫茶店まで、大阪という都市の多様な魅力に触れられる機会として、関西を中心に、全国から多くの方に参加しています。

主催
生きた建築ミュージアム大阪実行委員会

開催時期
平成29年10月28日(土曜日)から29日(日曜日)

① 御堂筋完成80周年記念事業 イケフェスとの連携イベント「光のまちづくり鑑賞ツアー」を開催します

概要
11月12日(月曜日)から開催される「大阪光の饗宴2017」に合わせて、市の関係職員がライトアップされた橋梁や建築物などの解説をしながら大阪の光のまちをめぐるツアーです。

開催日時
平成29年11月13日(月曜日) 18時から19時まで(1時間程度)

集合場所
大阪市役所正面入口(北区中之島1-3-20)

内容
ライトアップされた大阪市役所周辺の橋や歴史的建築物を歩いて見学してまわります。

参加費
無料(ただし、参加費にかかる交通費は、各自でご負担ください。)

募集人数
20名
※応募者多数の場合は抽選となります。

見学場所

中之島周辺(予定)

  • 日本銀行
  • 芝川ビル
  • 中央公会堂
  • 錦橋
  • 中之島ガーデンブリッジ
  • 大江橋・淀屋橋
  • 水晶橋

応募方法
生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪公式ホームページからの申込みとなります。

個人情報の取扱い
お申し込み時に登録いただいた内容は、ご本人様への連絡やプログラム実施に必要な範囲で利用させていただくほか、生きた建築ミュージアム大阪実行委員会内部で、個人を特定できない統計的な分析等に使用させていただくことがございます。

応募期間
生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪公式ガイドブック発売開始日(平成29年9月25日(月曜日)予定)から10月10日(火曜日)23時59分まで

抽選結果
抽選結果は、確定次第、生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪公式ホームページ上で発表します。
公式ホームページの「申込状況確認」から確認してください。

主催
御堂筋完成80周年記念事業推進委員会

お問合せ
大阪市建設局道路部道路課

電話番号: 06-6615-6786
問合せ時間:平日9時から17時30分まで

③ 御堂筋完成80周年記念事業 イケフェスとの連携イベント「船で巡る道頓堀川・東横堀川ツアー」を開催します

概要
道頓堀川・東横堀川を電気船「あまのかわ」で巡り、普段まちから見ている水辺や橋を船からご覧いただくことにより、川や橋の役割や魅力を再発見することができます。
また、下船後は、東横堀川水門を見学していただきます。
※生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪公式ガイドブックでは、「道頓堀川・東横堀川クルージングツアー」と記載しています。

開催日時
平成29年11月6日(月曜日)14時から15時30分(1時間30分程度)

集合場所
湊町船着場(浪速区湊町1丁目3)
(アクセス:地下鉄なんば駅 26-C出口から徒歩5分)

行程
[乗船]湊町船着場→道頓堀川を東へ→東横堀川を北へ→[下船]東横堀川水門(現地解散)
(東横堀川水門へのアクセス:地下鉄北浜駅 5番出口から徒歩5分)

内容
・道頓堀川・東横堀川の水辺

・橋梁の見学・東横堀川水門の見学

参加費
無料(ただし、参加にかかる交通費は各自でご負担ください。)

募集人数
30名
※応募者多数の場合は抽選となります。

応募方法
生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪公式ホームページからの申込みとなります。

個人情報の取扱い
本応募でいただきました個人情報につきましては、見学会にかかわる当選の通知及びイベント当日の運営に利用し、それ以外に使用しません。なお、見学会終了後、速やかに処分いたします。

応募期間
平成29年9月25日(月曜日)から10月10日(火曜日)23時59分まで

抽選結果
抽選結果は、確定次第、生きた建築ミュージアムフェスティバル大阪公式ホームページ上で発表します。
公式ホームページの「申込状況確認」から確認してください。

主催
御堂筋完成80周年記念事業推進委員会

共催
一般財団法人都市技術センター

お問合せ
大阪市建設局下水道河川部河川課

電話番号: 06-6615-6836
問合せ時間:平日9時から17時30分まで

 

② 御堂筋完成80周年記念事業 イケフェスとの連携イベント「地下道工事現場見学会」を開催します

概要
道路の地下空間は、地下道やライフラインなどの様々な公共施設を収容する空間として利用されています。普段は見ることができないそれらの公共施設の工事現場を見学していただきます。

開催日時
平成29年11月11日(土曜日)
①10時から、②14時から、③16時から(各回約90分)

※小雨決行、気象状況により中止の場合があります。

集合場所
大阪駅南側スカイウォーク(北区梅田3丁目1番先)
(サウスゲートビル2階東の「屋根付き歩道橋」上)

内容
・地下空間施設(JR大阪駅南側の東西地下道)の工事現場の見学
・見学終了後、地下空間に関するアンケートを記入していただきます。

参加費
無料 (ただし、参加にかかる交通費は、各自でご負担ください。)

募集人数
各回20名・合計60名程度

※応募者多数の場合は抽選となります。

見学場所
地下空間施設(JR大阪駅南側の東西地下道)の工事現場

応募資格
次の必要事項を記入のうえ往復はがきで応募してください。

(あて先)
〒559-0034
大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビルITM棟6F
大阪市建設局企画部工務課
御堂筋完成80周年記念事業ワークショップ4担当 あて

(記載内容)

  1. 氏名と年齢(1グループ全員分)
  2. 住所(1グループ全員分)
  3. 電話番号(代表者のみでも可)

※応募は1通のみ有効とします(1グループ3名まで)。

個人情報の取扱い
本応募でいただきました個人情報につきましては、見学会にかかわる当選の通知及びイベント当日の運営に利用し、それ以外に使用しません。なお、見学会終了後、速やかに処分いたします。

応募期間
平成29年10月2日(月曜日)から10月20日(木曜日)まで

当選通知
平成29年10月下旬発送予定
※当選または落選については、返信用のはがきで通知します。

主催
御堂筋完成80周年記念事業推進委員会

お問合せ
御堂筋完成80周年記念事業ワークショップ4担当
(大阪市建設局企画部工務課内)
電話番号 06-6615-6477(平日9時から17時30分まで)

※抽選結果に関するお問合せはご遠慮ください。

「とんぼりリバーウォーク写真・絵画展」で 作品を展示します

「とんぼりリバーウォーク写真・絵画展」で作品を展示します

御堂筋完成80周年記念事業推進委員会では、とんぼりリバーウォーク(道頓堀川遊歩道の愛称)で写真・絵画展の作品を展示します。

8月1日からたくさんの方々に提出いただいた、道頓堀川の未来、想い入れのある道頓堀川の過去や現在の姿を表現した写真や絵画を展示します。

是非足を運んでみてください。

展示期間
9月8日(金曜日)から9月24日(日曜日)まで

※天候等により変更の可能性があります。

展示区間
とんぼりリバーウォーク(新戎橋から大黒橋の区間)

主  催
御堂筋完成80周年記念事業推進委員会

共  催
一般財団法人 都市技術センター

協  力
南海電気鉄道株式会社

問  合  せ
〒559-0034
大阪市住之江区南港北2丁目1番10号ATCビルITM棟6階
大阪市建設局下水道河川部河川課
電話番号:06-6615-6836
ファックス:06-6615-6583
≪問合せ≫平日の9時から17時30分まで

とんぼりリバーウォーク写真・絵画展開催案内図

とんぼりリバーウォーク写真・絵画展開催案内図(PDF形式, 646.46KB)

クリエイティブ・コモンズ・ライセンスCC(クリエイティブコモンズ)ライセンスにおけるCC-BY4.0で提供いたします。

Adobe Acrobat Reader DCのダウンロード(無償)
PDFファイルを閲覧できない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Acrobat Reader DC をダウンロード(無償)してください。